<< パピークラスに新しいお友達です♪ | main | ワン天ダイジェスト >>

スポンサーサイト

  • 2009.09.14 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

噛み付くワンちゃんの対処。

JUGEMテーマ:ペット


サーバーの関係でお送りして頂いたコメントが一部文字化けしまして、
推測で書かせていただきました。ご了承ください。

相談内容


普段は、おりこうでなのですが、頭をなでた時に
唸って噛もうとしてきたり、臆病な子で、しつけ
の為に叱る際には、怯えて手に強く噛み付き怪我
をしてしまいます。いままでに、3回噛まれまし
た。噛み付くのをやめさせるには、どうすればよ
いのでしょうか?今はケージの中に入れて無視を
したりしています。ですが、エサをあげる時にオスワリ
をさせているので、無視も効果が半減している様子です。
エサをあげないわけにもいきませんので・・・
よろしくおねがいします。


アドバイス

まずは、私のクライアントの例を用いて
ご参考になればよいと思います。
同じようなお悩みを抱えたミニチュアピンシャーの子の場合を
お話します。
この子は基本的に、人、他のワンコ、猫など、
飼い主さん以外には慣れず、恐怖心から攻撃に出てしまう子でした。
もちろん、最初に私が面談した時も、唸り触る事すら出来ませんでした。
今は、気持ちよさそうにナデナデさせてもらえますけどね。。
恐怖心から攻撃に出てしまう子は、攻撃する事で自分を守ろうとします。
怖い思いやストレスを感じたときに攻撃が出やすいですね。
まず、飼い主さんはワンちゃんが攻撃的な行動をとっても
平常心で毅然とした態度をみせなければなりません。
攻撃される事で、その子の意思が通ったり、嫌な事がしないで済む
という事がないようにしていきます。
攻撃が通じない相手に対しては、次の行動(服従行動)を見せるようになり、
服従行動を見せた相手に対しては攻撃はしてこなくなります。
まず、従順な気持ちにさせるために、私はこの子にたいして、
運動をさせるようにしました。沢山のお散歩や、ドッグランに出かけ
沢山走らせました。運動をすることで、その子の持つエネルギーを
すべて出させるようにします。こうする事で、より従順な気持ちを
引き出してあげる事が出来るようになります。
また、一緒にお散歩する事で仲間意識も伝えることが出来て、
急速に関係が良くなって行きました。
また一緒に遊ぶ事で、良いイメージを与える事も出来ました。
信頼関係作りから始めています。
飼い主さんとワンちゃんの場合であれば、仲間意識もあるでしょうし、
あとは、信頼関係の再構築と主従関係を築くことでお悩みは解消されると
思います。
ある程度仲良くなった段階で、トレーニングを開始しました。
信頼関係や主従関係を築くのに簡単な方法はお散歩です。
まずは、飼い主さんに従って歩けるようにトレーニングしていきます。

ワンちゃんは体を触られるのが苦手のようですが、
ワンちゃんにどんな格好でもさせられるようにしていくのが今後の課題になると思います。
トレーニングを開始するときは噛まれても怪我のしないように革の手袋を
することをお勧めします。幸いなのは大きなワンちゃんでないことですね。
噛まれても効果が無い相手に対しては先ほども書きましたが、
服従行動をとることで自分を守ろうとするようになります。
攻撃的な行動が出ても、あわてず、毅然とした態度を見せるようにしていきます。
運動をした後にトレーニングするとよいです。
まずはオスワリから始めましょう。
リードを短く束ねて右手に持ちます。
左手は腰からお尻にかけて軽く添えて、
「オスワリ」の合図で右手のリードを上に、
左手を下に下げます。よく出来たら首から胸の辺りを
ゆっくり優しく撫でながら誉めます。
誉めは短い時間の方がよいです。
ダラダラ誉めないようにします。
攻撃的なワンちゃんの場合、このときに攻撃的になる事が多いので、
攻撃的な行動が出てもオスワリさせて行きます。
飼い主さんの意思を通す事をワンちゃんにしっかり伝えてあげてください。
リードコントロールをしながら、
ワンちゃんに色々な体制が取らせられる様に練習して行きましょう。
トレーニングの後には遊びやご飯など楽しい時間を作るようにしてあげてください。

ながくなりましたが、焦らないで、じっくり取り組んで、
ワンちゃんとのより良い関係を築いてください。

スポンサーサイト

  • 2009.09.14 Monday
  • -
  • 11:27
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
『飼い主さんはワンちゃんが攻撃的な行動をとっても
平常心で毅然とした態度をみせなければなりません』
これってすごく難しいですね。
つい焦ったり悲しくなったり、こちらの感情がむき出しになってしまいがちです。
私は先生のトレーニングを受けているのでこのワンチャンに対するアドバイスも今はとっても理解できるし、実践に移している段階なので効果も実感できています。
でも『がんばり過ぎない』『諦めない』そして一番は『うちのワンコになってくれたこの子を愛すること』が大切ですね。。。
生活習慣や仕事の関係などでワンチャンとの時間を十分にとれないオーナーさんも多いと思います(うちもそうです)そんな中でもできるだけワンチャンとの時間を増やす努力は大事ですね。そしてその努力はきっとワンチャンにも届くと思います。・・・実際リューイは少しずつですが解ってくれてるみたいです。
たくさん一緒の時間がとれないオーナーとしてどうしたらいいか、これからもアドバイスお願いします!
  • リューイママ
  • 2008/05/09 10:18 PM
リューイママさん。

コメントが大変遅くなり、申し訳ございません。
ワンちゃんにとって頼れるのは、
やはり飼い主さんです。
どんな問題行動も、諦めずに取り組めば、
きっと良い方向に向かいます。
肩の力が入りすぎるとお互いにストレスに
なりますので、
ゆっくりこちらの意思を伝えてあげる事が大事です。
人間と違って教えてあげなければ分からないです。

なかなか一緒の時間が取れない飼い主さんでも、遊びや一緒に居られる時間の密度を濃くする事で、より信頼関係が良くなります。
まずは、一緒に楽しむ事が大事です!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/05/16 2:08 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/05/22 6:48 PM
ドッグトレーナーが答える しつけ相談室
サイト内の検索
カテゴリー
表示中の記事
過去の記事
最近のコメント
リンク
プロフィール
その他
スポンサーリンク
提供
無料ブログ作成サービス JUGEM