<< 第10回ワンワン天国初級クラスレポート | main | パピークラスの重要性 >>

スポンサーサイト

  • 2009.09.14 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

噛みつくなどの問題行動3

遊んでいると興奮してきて手に噛みついてきて、しかってもやめません。
■相談内容

9ヶ月になる、豆柴のメスを飼って居ます。
遊んでいると興奮してきて手に噛みついてきて、
しかってもやめません。突然足や手に噛みつくこ
ともあります。特に下の娘(と言っても23才)
に対して頻繁ですが、家族全員を噛みます。


■アドバイス

ワンちゃんが問題行動を起こすのには、必ず原因が有ります。
まずは、なぜ?から始めます。どうして噛むのでしょう?

相談内容からは、一概に決め付ける事は難しいですが、
ワンちゃんとの遊びの中で噛みつくという事なので、
ワンちゃんは噛みつく事で、自分に良いことが起こっています。
1番の原因は、ワンちゃんに対する叱り方でないかと思います。
ワンちゃんの行動は大きく分けて2種類です。
自分のした行動で良い事が起こったか。
それとも良くない事が起こったか。
前者であれば、その行動は強化され、その行動を良い事として
学習していきます。
逆に後者であれば、その行動は減退していきます。

まず、ワンちゃんに噛まれる事で、「痛い!」や、「ダメ!」
など声が飼い主さんから出されるとします。
ワンちゃんが飼い主さんにしたアピール方法が{噛む}で、
結果、飼い主さんから声を掛けて貰っています。
この場合、噛む事が強化されていきます。
飼い主さんの意思は、叱ったと思っていても、
ワンちゃんが叱られたと認識されなければ、
それは声を掛けるという誉めになってしまいます。

対処法としては、ワンちゃんとの遊びの中で、
噛んできた場合は、すぐに遊びを終了し、その場から
居なくなってしまいましょう。
楽しく遊んでいても、噛んだら遊びは終了し、
その上、飼い主さんも居なくなってしまうという罰が下ります。
ワンちゃんは群れで生活する動物ですから、
仲間はずれが一番の罰になります。
吠えても暫くは、ほったらかしにします。
時間を空けて、また遊びに誘ってあげましょう。

突然噛みつくというのも、ワンちゃんの飼い主さんに対する
アピールであると思います。
ですので、基本は無視になりますが、
噛みついて離さない時や、噛んでいる最中、噛みそうな時は、
ワンちゃんの口の部分(マズル)を持って「イケナイ!」と
強く叱ってみるのも効果があります。
ただし、叱るタイミングがずれてマズルが掴めなかったりすると、
噛んだことで遊んで貰っていると学習してしまうので、
その場合は、無視の方向に切り替えて下さい。

遊びに誘うのは飼い主さんからで、終了するのも飼い主さんからです。
ワンちゃんが飽きる前に、一番楽しい時に遊びを終了すると、
飼い主さんとの関係がより親密になっていきます。
大人しい時に、遊びに誘うようにしていきましょう!

頑張って下さい。

スポンサーサイト

  • 2009.09.14 Monday
  • -
  • 02:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ドッグトレーナーが答える しつけ相談室
サイト内の検索
カテゴリー
表示中の記事
過去の記事
最近のコメント
リンク
プロフィール
その他
スポンサーリンク
提供
無料ブログ作成サービス JUGEM