スポンサーサイト

  • 2009.09.14 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

第10回ワンワン天国初級クラスレポート

ワンワン天国初級クラス先週の日曜日に初級クラスの
実技2日目が行われました。
最初は他のワンちゃんに戸惑っていましたが、
2日目ともなると、
積極的に交流を深めていました。
今回は「マテ」のトレーニングを中心に行いました。
時間が1時間30分あるので、
なるべく飽きさせないように、
遊びや休憩を多く入れながら行っています。

第9回ワンワン天国 6日目(実技4)

藤いよいよ最終日です。あいにくの雨模様でしたが、12組もの参加者にお越しいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。


さて、今回は6つのトレーニングを行いました。(5)コイ(オイデ)以外は前回までの復習です。

---------------------------
(1)ホールドスチール
(2)アイコンタクトとオスワリ
(3)フセ
(4)マテ
(5)コイ(オイデ)
(6)脚側歩行
---------------------------

ホールドスチール(1)ホールドスチール
身体を密着させることで、ワンちゃんが落ち着きます。ワンちゃんが飼い主さんを信頼している証拠です。


アイコンタクト(2)アイコンタクトとオスワリ
アイコンタクトがしっかりできると、オスワリさせるのも簡単です。そろそろフードなしでも出来るようになったかな?


フセ(3)フセ
新聞取材のカメラを前にしても堂々としています。背筋も伸びて、なかなかのフセですね。写真写りが一段と男前です。


マテ(4)マテ
マテもアイコンタクトが大切です。マテが出来れば、車道への飛び出しや、人への飛びつきなどいろいろな危険を避けることが出来ます。


オイデ(5)コイ(オイデ)
オイデでワンちゃんが来てくれると、ワンちゃん以上に飼い主の方がうれしいですよね。ワンちゃんが来たら、思い切り誉めてあげて下さい。ポイントは身体の正面で受け止めること。


脚側歩行(6)脚側歩行
ワンちゃんに主導権を握られた散歩は非常に苦労します。ワンちゃんが前に出そうになったら、ターンして逆方向に進む。この繰り返しで楽しく簡単な散歩にしましょう。


集合写真2回の講義と4回の実技を通じて多くのことを学び、身につけて頂けたと思います。これからも引き続き、習ったことを思い出しながら、トレーニングを続けていってください。きっと迷惑をかけないお利口なワンちゃんになることでしょう。

上手く出来ないなどの悩みがあれば、当ホームページ「しつけ相談室」まで気軽にお問い合せください。実技を担当していただいたドッグトレーナーさんにアドバイスしていただけます。

次回のワンワン天国(初級クラス)は秋の開催予定です。また、多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

今回、ご参加の飼い主さんとワンちゃん、6日間お疲れさまでした!

第9回ワンワン天国 5日目(実技3)

今回のレポートは、ドッグトレーナーさんに書いて頂きました。トレーニングの手順が分かるので、自宅で復習する時の参考になりそうです。それでは、続きをお読み下さい。

本日の教室は、まず前回の復習から。つけ直し、マテ、アイコンタクト、ホールドスチール、マズルコントロール、アタッチメントを行いました。

今回、新たに学習することは、フセ、ボール遊び、テンションのコントロールの3つです。


★フセ
フセの形と意味を教えます。(1)で出来ないワンコは(2)で。

(1)フードを使って、フセの形に誘導
(2)前足を持って、フセの形に誘導

なかなかフセの形にならず、苦労している飼い主さんが多かったです。フセても足の形がくずれているワンコもいました。


★ボール遊び
ボールの持って来てを学習しました。

(1)ボールを投げる
(2)リードを持って一緒にボールを追いかける
(3)ボールをくわえたら、飼い主は後ろ向きで、元の位置まで下がる
(4)ワンコを正面で受け止め、よく誉める。

ボールが好きなコ、全く興味を示さないコ、様々でした。上手にボールを持て来たコの飼い主さんは喜んでいました。


★テンションのコントロール
ボールを取り上げた後に、飼い主にボールを取り上げられた事を忘れさせる為に行います。

(1)ワンコの体を押し逃げる遊びで、まずはテンションを上げる
(2)ワンコを座らせ、マテをかけて、テンションを下げる

(1)(2)を繰り返し、テンションをコントロールしました。

上手にテンションを上げられる飼い主もいれば、なかなかテンションを上げられない飼い主もいました。ワンコとの遊びは、人目を気にせず、飼い主がバカになってワンコと本気で遊ぶ事が重要です。ワンコとのよりよい遊びは信頼関係を強くします。


全体的には、少しずつワンコの様子も変わってきているようです。劇的に変わったワンコもいるみたいです。トレーナーの目から見ても、良くなっていることが分かります。

ワンコがいる生活がストレスになってしまっては、ワンコを飼う意味がありません。ワンコも幸せではないでしょう。基本的なトレーニングをすることにより、ワンコとの主従関係や信頼関係を築いていきます。トレーニングだけでなく、ワンコとのスキンシップや遊びを通じて、ワンコとの関係をより良いものとすることが出来ます。

次回は「おいで」を習います。そしてまとめです。ワンワン天国に参加されたことによって、飼い主さんの意識が少しでも変われば成功だったなと思えます。

第9回ワンワン天国 4日目(実技2)

脚側歩行今日の実技メニューは「つけ直し」と「脚側歩行(散歩)」です。

皆さん苦労されていました。自分の犬なのに、トレーナーさんの言うことは聞いても、飼い主さんだとなかなかそうは行きません。


つけ直しつけ直しは「つけ」の号令と飼い主さんの前後の動きで、飼い主さんを中心に犬を回らせるというトレーニングです。

途中、リードの持ち手を変えるといった難しさはあるものの、上手く行かない方たちは、犬と一緒に自分もクルクルと回っているケースが多かったように見受けられます。



つけ直し2前後の動きだけで犬を動かしているトレーナーに対して、動きの定まらない飼い主に、犬たちもどちらに行くかを決めかねているように見えました。

トレーナーさんたちが何度か指導に回ると、コツをつかみだし次第に成功する方たちも増えていきました。


脚側歩行2脚側歩行(散歩トレーニング)では、引きずられている大型犬の飼い主さんの姿もありました。

トレーナーさんから、リードの引き方や視線の配り方などのポイントを教わると、見違えるようにキレイに歩けるようになっていきました。


脚側歩行2-2


脚側歩行2-3


仲良しハスキー他の人や犬と接する機会が増えるお散歩。迷惑をかけずに、楽しい散歩にするためにも、この2つはしっかりマスターしたいですね。

第9回ワンワン天国 3日目(実技)

会場風景前夜の雷をともなった雨雲は姿を消し、ポカポカ陽気。絶好のトレーニング日和となりました。

端午の節句が近いこともあり、会場上空には鯉のぼりが泳いでいます。
さあ、青空の下、飼主さんもワンちゃんも気持ち良くトレーニング開始!


スプリンガー


マズルコントロール


アイコンタクト


ホールド

第9回ワンワン天国 2日目

講義風景1◆4月9日(日)13:30-15:00/晴れ
◆場所:磐田市豊岡総合センター
    体育館2階会議室
◆講師:阿部知惠(浜松・アベ動物病院 副院長)

犬の食生活や病気予防など健康管理についての話はもちろん、社会化や犬種の特性についてお話がありました。

講義風景2健康管理やしつけは、単に犬の健康状態を保ったり、言うことをきかせたりするだけではありません。

愛犬の体調が悪ければ、飼主は心配でストレスを感じるでしょう。ムダ吠えが止まず、叱られれば犬もストレスを感じるでしょう。

ワンちゃんの健康としつけは、これらのストレスから飼主自身とワンちゃんを守り、お互いに楽しい生活を過ごすために不可欠な要素です。

阿部先生の「人にとっても、犬にとってもストレスのかからないことが理想的な暮らし」という言葉が印象的でした。

以上、第2回の報告でした。
いよいよ来週からは実技です。

第9回ワンワン天国スタート

講義風景1◆4月2日(日)13:30-15:00/雨
◆場所:磐田市豊岡総合センター
    体育館2階会議室
◆講師:三海 尚輝(ドッグトレーナー)

第1回目は、三海ドッグトレーナーによる講義が行われました。犬の習性、犬との接し方、トレーニング方法などを学びました。

「しかってもイタズラをやめない犬は、実は褒められていると思っている可能性がある」など、犬の習性を踏まえた解説に、参加者たちも頷きながら聴き入っていました。

質疑応答では、散歩やトイレのしつけなどについて質問が集中しました。トレーナーからは、帰宅してすぐに実践できるような対処法などのアドバイスがありました。

以上、昨日の報告です。
次回9日(日)は獣医師の阿部先生の講義です。

講義風景2
ドッグトレーナーが答える しつけ相談室
サイト内の検索
カテゴリー
表示中の記事
過去の記事
最近のコメント
リンク
プロフィール
その他
スポンサーリンク
提供
無料ブログ作成サービス JUGEM